FC2ブログ
2009-11-20

「恐怖は残酷の両親である」 フロード

お久しぶりです。

どうも、
ボクが不機嫌な顔すると、男子の友達は
「怖ぇえ」って思うらしいんですけど、
女子には「面白い」って言われた蒼穹です。


そんなにボクの顔は面白いですか。

ちなみに、
ブログの地の文のときにボクは「ですます」調なんですけど、
私生活でも最近「ですます」調
になってきました。


友達と話すときとかに、
「~~じゃないですか」
みたいな。

まぁ、別にどうってことないけど。




久々の更新は皆さんお待ちかね。
ファッキンベクトルです。

朝、勉強してたら女子の会話が聞こえてきたんです。

「ベクトルって
tashiro.jpg
マーシーみたいだよね」


・・・そうか?

まぁ、
鼻毛が見えるほどでかい穴のワシ鼻と
6:4の白髪と黒い毛。
そんなマーシーから67を引いたら
ベクトルの完成かな。





そんなベクトルなんですが、
今、恐ろしい疑惑が浮上しています。

ベクトルは
ボクのクラスのマドンナの面接の練習相手なんですよ。
思い出してほしいのは以前紹介した
この話をまず呼んでほしいんですけど。




同じ過ちを犯そうとしていやがる!!

昨日はなんだかベクトルの機嫌がよかったんです。

そこで、ボクと友達はこう予測したわけです。

――マドンナの推薦入試の面接の練習でベクトルは
そろそろマドンナがベクトルに
感謝するであろう時期だから

それを狙ってマドンナをおとすんじゃね?

って。

そして、今日。

心なしか不機嫌なんです。

え、まさか、マジで?

なに?アンタの予測通りに
行かなかった?


ったりめーだバカヤロォオ!!
俺たちのマドンナをテメーなんかに
やれるかボケェエエエエエ!!
よしんばテメーの思い通り行ったとしても
俺たちがゆるさねーよ!!
自慢の鷲鼻へし折ってやんよボケェ!!


女子の話を聞いてたら、
「マドンナ、アドレス訊かれなかった?」
って心配されてましたからね。



で、先日の放課後。自習室で友達と勉強していたら、
マドンナとベクトルが面接に行くのか、
それとも別の何かを
しにいくのかは知りませんが、
廊下を一緒に歩いてたんです。

そうなると、
男子の妄想爆発ですよね。

「ヤベェエエエ!!
ぜってーあんなことやこんなことを・・・!」
「オイオイ、ベクトル嬉しそうなんだけど!」


自習室は一時騒然ですよ。
「ぜってー机の下にカメラとかしこんでるよな」
「マドンナァアアアアアアアアアアアアアアアア!!」

結論から言うと、

ベクトルは死ねばいいと思うんだ。


それで万事解決よ?

大丈夫。
葬式には出てやらぁ。
まぁ、遺影に思いっきり
唾吐くかも知れねーけど。






マドンナの身を護りたい方はここをクリック。
FC2 Blog Ranking


CoRichブログランキング続きはコメ返し














ところで、この記事を更新するまでは、
戦争の話の記事だったわけですよ。

なんとも病んだブログですね。

コメ返し

アフリカまんさん≫
アドバイスと云うほどの物でもありませんが、
一応そちらの方にコメントさせていただきました。
どうでしょう?参考になりましたでしょうか?
参考になったのなら、幸いです。

Revolさん≫
そうですね。
忘れてはいけない、記録です。

とりっぴぃさん≫
抹茶アイスですかw
何しに来たんでしょうアイツ。
それにしても、オバマっちには頑張っていただきたいものです。

BOBUさん≫
同じ人間だからこそ、でしょうね。
てめーの利益しか考えてない奴ばかりだから
争いが起こるんですよ。
人間とは救いようのない生き物ですね。

霧さん≫
当時の資料というのは本当に生々しいですよね。
でも当時の状況を克明に記した資料だからこそ、
戦争の愚かさを知ることが出来る。そう思います。

9955さん≫
そうですね。平和の中で、そういう恐ろしい出来事があったことを忘れたら、
それはかりそめの平和なんですよね。
全く以ってその通りだと思います。
ボクもブログを続けている間は、
忘れないように、戦争のことを書いていこうと思います。

沢山のコメント、有難うございました。
戦争と云う愚行は、我々には関係ないですが、
忘れてはいけないんですよね。
いずれ、戦争を語り継ぐ方々が亡くなったとき、
記憶を劣化させぬよう、気をつけたいものです。
スポンサーサイト



コメント

うちは大丈夫だ
どの女子も圏外だから(待

同学年のマドンナは同学年が頂くべきですよね。
先輩とかに取られたらもう・・・
それが先生に盗まれるとなると事件ですよね。

俺のクラスは女子が6人。。。。

同じ学年のほかのクラスは20数人。。。
もちろん俺のクラスにはそんな方はいませんwwwww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soukyuunopheya.blog84.fc2.com/tb.php/279-764d697e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 蒼穹の部屋. All rights reserved. Template by Underground